ヘッダー画像
    
            

2017年 夏休みに一気にやりたい長編RPGベスト5!! (おすすめゲームランキング夏バージョン)

2017/07/18
category - なんでもランキング(ゲーム編)
                         
夏休みにまだやるゲーム決まってない人に参考にしてもらいたいRPGゲームベスト5です!

ただもうすぐドラクエ11発売なのでRPG好きは大半そっちがメインになると思う!

ちなみに自分もドラクエ11がやりたい!!!RPG以外ならスプラ2したい!!

個人的に全部面白かったRPGゲームなのでやるゲームない人は、

参考にして一気に冒険してください(笑)

結構有名どころが多いので全部やってる人はごめんなさい(笑)




第5位

幻想水滸伝2  PS (RPG)



コナミより1998年12月17日に発売されたPlayStation用コンピュータRPG作品である。

『幻想水滸伝シリーズ』の第2作目である。キャッチコピーは「その強さがあれば、全てを守れると思った」。





とにかくストーリーがよかった!RPGストーリー重視の方はぜひ!!!

1からの多少のつながりはあるけど2からやっても全然問題ない作品!

FFみたいにナンバリングは気にしなくていい作品かも!

ただ前作やってると前作のキャラとか知ってるキャラ出てきたら嬉しい(笑)

幻想水滸伝シリーズといえばやっぱ108星!108人の仲間って言えばわかりやすいかな?

全員が戦闘できるとは限らないけどそれぞれ役割があっておもしろい!

絶対に108星は集めた方がゲーム的にも感動できるし面白くなると思う!

個人的には仲間集めは攻略サイト等見てもおkだと思うww

自力では結構難しかった気がする!期間のがすとダメなのもあったはず!

仲間を集めることで、発展していく、城システムや

料理イベント、目安箱や、風呂、探偵システムに、ミニゲームなどがある!

戦闘についてもすぐレベル上がるので新キャラをすぐ実戦配備できるのもいい。

戦争システムについても個人的にはおもしろかった!

ストーリーは主人公とナナミとジョウイの友情?物語がせつないけど

よくできてていろいろな驚きがあるRPGだと思うので是非やってみて!!!



本拠地システムと108星

前作に続いて108星を収集する本拠地システムは健在。それを取り巻くシステム・イベントもパワーアップしている。
本作から本拠地の目安箱の設置と探偵という要素が追加された。
目安箱とは今まで集めた108星が主人公に意見などを提出するものだが、
その内容が108星それぞれの個性を上手く表現している。
たとえば動物系の仲間だと文字がかけないので足跡をつけたりなど。

探偵は108星の一人で、(探偵本人を含む)指定した108星の情報を調査してくれる。
その内容はやはりそれぞれのキャラの裏設定や個性付けとして上手く機能しており、興味深い。
しかも調査は一人1回だけでは終わらず量は相当なもの。 あるキャラクターを探偵してもらうと
その返事が不可解な物がある。調べれば調べるほど謎の深まるキャラ・・・。
また、会話した時点で仲間に出来る可能性のあるキャラを参入させるヒントを得ることもできる。
メインシナリオに絡まない108星にも、加入後のイベントが用意されている。



紋章システム

前作では紋章を一つしか装備できなかったが、キャラクターによっては最大3つまで装備することが出来る。
(レベルが上昇するにつれ宿せる箇所が右手、左手、頭の順で増える。紋章によっては宿せる部位が固定な物も存在する。)
これによりキャラクターによっては一人で組み合わせ魔法を発動する事も可能になった。
ただし、複数の紋章を装備しても紋章の使用回数は装備している紋章全てで共有するため、高レベル魔法の連発は難しい。


戦闘システム

協力攻撃の種類が前作の25種類から36種類に増加し、戦闘メンバーを決める新たな楽しみが増えた。
演出にやや乏しかった前作と比べ、個性的でユニークな協力攻撃が大幅に増えた。


戦争システム

前作のいわゆるじゃんけんシステムからシミュレーションRPG形式に変更された。
歩兵、弓兵、魔法兵の三種類のユニットがあり、それぞれ特色がある。
歩兵は弓兵、魔法兵攻撃時に攻撃力が1.25~1.5倍、弓兵は1マス先まで攻撃できるが、
直接攻撃の際、攻撃力が0.75倍、魔法兵は2マス先まで攻撃できるが、直接攻撃の際、攻撃力が0になる。

ユニットは三人一組で大将1名、副将2名の構成となり、大将によりユニットの種類が決まる。
大将に配置することは出来ないが、副将として有能なものもおり、様々な編成を考えるのも楽しみの一つである。
各キャラクターはそれぞれなにかしらの特殊能力をもっており、その特殊能力によってユニットの能力が上昇したり、
戦争中に特殊コマンドをしようする事が出来る。
中には非戦闘キャラクターなのに戦争ユニットとしては優秀といったキャラも存在する。




主要登場キャラクター

主人公

ハイランド南部辺境の街キャロに住む少年。生年は不明、ハイランド王国キャロの街出身。
町外れの道場の武術家ゲンカクの養子として育てられた。
ゲーム開始当初はハイランド軍の少年兵部隊に所属していた。武器はトンファー。

ナナミ

主人公の義姉。太陽暦444年生まれ(16歳)、ハイランド王国キャロ出身。
食の好みは味オンチ。底抜けに明るく、元気いっぱいのお転婆娘だが家族想いでとても優しい。
幼少の頃、いじめられていた主人公とジョウイを守ってあげていた。


ジョウイ

ハイランドの地方貴族マルセル・アトレイドの長男だが、母・ローザの連れ子である。
太陽暦443年生まれ(17歳)、ハイランド王国キャロ出身。主人公の幼馴染であり親友。
幼いころに主人公と出会い、以来ともに行動することになる。




あらすじ

デュナン地方の2大国ジョウストン都市同盟とハイランド王国は長年続いていた争いに終止符を打つため停戦条約を締結した。

主人公と親友ジョウイはハイランド王国の少年兵部隊として国境に配備されていたが、

停戦が決まったため同僚たちとともに故郷へ帰る支度をしていた。

ところが・・・突然警鐘が鳴り、謎の軍勢が部隊のキャンプに攻め入ってくる。

都市同盟軍が奇襲を仕掛けてきたと皆思った。

しかし主人公たちは見てしまう。敵軍を指揮していたのはハイランドの皇子ルカ・ブライトであった。

停戦を不服とした彼は、少年兵部隊の隊長と結託して部隊を全滅させ、

その罪を都市同盟になすりつけ再び戦争を始めようとしているのだ。

追い詰められた二人は、離れ離れになったらこの場所に戻って待つことを約束し、一か八かに賭けて激流に身を投げた。

その後合流した二人だが間もなく都市同盟とハイランドの戦争が再開され、

主人公とジョウイは都市同盟側に立って戦うことになった。しかしハイランドの軍事力は強大だった。

村々は蹂躙され、砦は陥落し、次々と侵略されていく様を何もできずに見過ごしながら、

撤退する・・・主人公たちはあまりにも無力だった。

しかし、焼け落ちた村の祠の中で2人は見つけてしまう、27の真の紋章の一つ 『始まりの紋章』を。

持つものに絶大な力が与えると同時に代償を求められる真の紋章。今の自分たちには何としても力が必要だった。

始まりの紋章は『輝く盾の紋章』と『黒き刃の紋章』の二つに分かれており、輝く盾は主人公に、

黒き刃はジョウイが宿すことになった。

それをきっかけとして2人は別々の運命を歩んでいく。

こんなはずではなかった。ただ、お互いに大切なものを守りたかっただけなのだ。






第4位

ファイナルファンタジー9 FF9 PS (RPG)



2000年7月7日にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたコンピュータRPG。





FFの中でも人気作の一つですねー!

これぞ王道ファンタジーRPGの代表格!!

出た当時結構不評だったのに徐々に評価上げてきた作品かもw(出た当時8に比べてグラ劣化したとかいろいろ言われてた)

ストーリーもキャラも世界観もどれをとっても一級品!!

特に音楽は全ゲームの中でも1番好きな部類に入るかも!

キャラは断トツでビビが好き!かわいすぎるw

ストーリー全体の中でキャラそれぞれのストーリーも絡ませて

それぞれに感情移入しやすくしてるのもいいと思うw

最近感動してない人にはおすすめのストーリー(笑)

戦闘システムについてもFFではおなじみのアビリティシステムで

自分なりのつけ方とかで自由度が高くて面白かった。最近のは複雑のが多いからこれぐらいがちょうどいい!!

つけ方によって戦術とかもかわってくるのもいい。

最近はアプリとかでもできるようになったみたいなのでやったことない人はオススメです!!

まあ個人的には実機持ってる人は大画面でやってほしいゲーム!!




システム面について

ATE

アクティブタイムイベントシステムを略してATEと称する。「一方その頃…」といった形で
操作中キャラクター以外の行動をイベントで見ることができる。複数のイベントが存在し、
選択したイベントしか見られないものもある。


ATB

戦闘シーンでは各キャラに固有のコマンドが設定されているほか、ATBゲージの下にトランスゲージと
呼ばれるゲージがある。トランスゲージは敵から攻撃を受けることで蓄積され、満タンになると
一定ターンの間与えるダメージの量が1.5倍になり(スタイナーは3倍だが、ブラッドソード装備時は1.5倍)、
キャラ毎に異なる形のパワーアップが発生する(この状態をトランスと呼ぶ)。
例えばビビであれば黒魔法を2回連続で使う、サラマンダーであれば奥義の効果が全体に及ぶ、など。
また弱点属性を突いた攻撃およびジャンプでのダメージ倍率が、それまでの2倍から1.5倍に軽減された。
ディレクターの伊藤によるとバトルの難易度はやや高めに設定されているとのこと。


アビリティシステム

本作でのアビリティシステムは、魔法やアビリティなどはアイテムから抽出される物となっており、
アイテムを装備することによって使用できる。アイテムを装備した状態で戦闘を重ね
アビリティポイント(Ability Point,AP)をためることで、そのアイテムを外しても引き続き使えるようになる。

基本的にキャラクターの個性ともいえる「コマンドアビリティ」は固定になっており『FFVIII』にあった
「エンカウントなし」のアビリティも存在しないが、戦術や能力をカスタマイズできる
「サポートアビリティ」を大量にセットできるので、プレイヤーによってキャラクターの戦い方は大きく異なり、
戦術自由度の高い設計になっている。


一例としてジタンをあげると、

1.「ぬすむ」+「盗賊の極意」+「ぶんどる」=ぬすむの成功率アップ+ぬすむの成功時(自LV×敵LV÷2)にダメージを与える

2.「たたかう」+「追加効果発動」+「与一の心」=短刀の追加効果をランダムで発動+命中率アップ(盗賊刀では不可)

3.「カウンター」+「目には目を」+「かばう」=反撃の発動確率アップ+味方への攻撃をかばい反撃回数を増やせる

4.「MP消費攻撃」+「○○キラー」+「いつでもヘイスト」=MP消費による攻撃力アップ+対応する敵種族へのダメージ増加+行動回数アップ

5.「忍者の教え」+「○○の術」+「いつでもリジェネ」=後列でもペナルティなし+対応する状態異常回避+一定時間毎に回復

といった相乗効果がある。





イントロダクション

何気ない流れの中で人は生きる。
不安を抱き、疑問を抱き、悲しみを抱きながら。

そして、人はなにかを求めようとする。

彼等がそうであったように。

ジタンは自分の守るべきものを。
ビビは自分の存在を。
ガーネットは自分らしさを。

霧がすべてを覆い尽くすこの世界で、彼等は自分なりの「答え」を探し求めた。
ある時は戦い、ある時は手をとりあうことで。

その「答え」は何だったのか。
彼等はそこに何かを見いだすことができたのか。

それは、この物語を紐解けばわかるかもしれない…
(パッケージ参照)



登場人物

ジタン・トライバル(Zidane Tribal) 年齢16歳

今作品の主人公。リンドブルムを拠点とする劇団兼盗賊団「タンタラス」の若き団員。
後ろで括っている長い金髪と、臀部から生えた猿のような尻尾が特徴。
そのため、作中において罵られる時に「猿」と呼ばれることがある。
シド大公の依頼でガーネット王女を誘拐する作戦に参加したが、彼女に本気で惚れたためタンタラスを脱退してまでガーネットに付き添った。以後も彼女の存在は行動指針と原動力となり、大切なパートナーとなっていく。


ガーネット・ティル・アレクサンドロス17世  年齢16歳

今作品のヒロイン。アレクサンドリアの王女。長く艶のある黒髪を持つ美少女。
物腰は上品でおしとやかであるが、城育ちのせいか世間知らずで独りよがりな一面もある。
時にはジタンに教わった大胆な行動に出ることもあり、肝の座った部分が見られる。
偽名を決めた際には、言葉遣いがあまりに丁寧なため、旅の中で身分を隠すためには不自然だと指摘され、
少しずつ普通の女の子らしい言葉遣いになるよう練習する。
ただし他国の要人・自国の関係者などと会話する際は王女として常に丁寧語で話す。
怒ると素が出て逆に丁寧語に戻ってしまうこともある。


ビビ・オルニティア

とんがり帽子に真っ黒な顔という珍しい外見の少年で、性格は非常に内気で臆病。
何もないところでコケたり、コケた反動でものを散らかしたりと、ドジな面もある。黒魔法の才能がありながら、
いまいち自分に自信を持つことができない。頼りなさが目立つが誰よりも心優しく、いざという時には芯の強さをも見せる。
ジタンとの出会いで徐々に「自分らしく生きる」意味を知り、彼や旅の出来事から多くのことを学び、
時には誰よりも勇敢に立ち振る舞う『心の強さ』を持つようになっていく。
ファンに「全員が主人公」とも言われている本作だが、ビビによるナレーションが各所で挟まれるなど、
本作の「もう一人の主人公」とも言える立ち位置にいる。


アデルバート・スタイナー

アレクサンドリア王国女王ブラネ付の近衛騎士にして直属の兵隊プルート隊を率いる強面の隊長。33歳。
生真面目で頑固な硬骨漢で、上から下された命令には絶対的に従おうとする、盲目にも近い忠義心の持ち主。
それゆえに自由奔放で規律に縛られないジタンとは基本的にそりが合わず、
なおかつジタンが盗賊でガーネット誘拐を企てた「タンタラス盗賊団」の一員と言うこともあって、
何かと目の敵にしている。しかし劇場艇の事故で「霧」の中に踏み入ってしまったことで、渋々行動を共にすることになる。
その一方ではビビを『ビビ殿』と呼び慕っており、彼のことを子供ながら敬意を以って接している。
当初は融通の利かなさが目立ち、ガーネットに城へ帰ろうと幾度となく進言し、無視されてしまうこともしばしば。


フライヤ・クレセント

ネズミ族の統治するブルメシア王国の女戦士で、年齢は21歳の女性だが、口調が年寄りくさくて落ちついている。
3年前に恋人のフラットレイが、最強の剣士との対決を夢見て旅立ったが行方不明になり
(正確には訃報が王国まで届き)、その足跡を追うべく自らも王国を出奔する。
ジタンとは旅先で出会って意気投合し、以降幾度か顔を合わせている。
物語では、リンドブルムで開かれた狩猟祭で再会し、その直後に祖国がアレクサンドリアに
侵略されたという知らせを聞いてジタンたちともに王国へ向かう。


クイナ・クゥエン

ク族と呼ばれる謎多き種族の出身。性別不明で、年齢も70~90歳の可能性もあるが、実際は分かっていない。
ただ、ク族の中では若い方らしい。語尾に「〜アル」とつけて話すエセ中国人のような喋り方をする。
ク族の沼で師匠・クエールと共に暮らしていたが、ある日、「食」への探究心とクエールの勧めもあり、
外界に旅立つこととなった。


エーコ・キャルオル

年齢6歳。
召喚士一族の生き残り。「外側の大陸」にある召喚士一族の村跡マダイン・サリでモーグリたちと共に暮らす。
特に黄色いポンポンをもつ子モーグリ・モグとは、常に離れることなく一緒におり、
種族を越えた姉妹のような友情を築いている。
額に召喚士特有の角が生えている。頭に大きなリボンをしており、
6歳とは思えないおマセな行動とお転婆な性格が特徴的。
しかし、それは一人ぼっちで暮らしていた寂しさを紛らわすための強がりであり、根は明るく優しい年相応な少女である。


サラマンダー・コーラル

孤高の用心棒。片手に装着した爪を武器に戦う格闘家。
業界では『焔(ほむら)色のサラマンダー』として知られる凄腕であり、寡黙ながらも受けた仕事は確実に全うする実力者。
最初はブラネ女王からの刺客として登場し、ジタンに一杯喰わされたことからジタンに興味を持つようになる。
そしてマダイン・サリでジタンに決闘を申し込み、負けたのちにジタンの提案でパーティーに加わることとなった。



→FF9公式ページ





第3位

アークザラッドI&II PS (RPG)



1と2一緒にした理由は完全につながりがあるからです!

というか完全なる続編!1はすぐ終わる。2はボリューミー(笑)

なので1と2セットで買った方がいいです!!

シュミレーションRPG好きな人は特におすすめ!

そこまで戦略がいるゲームでもないので普通のRPG好きにもおすすめ。ストーリーもおもしろいし!

戦闘はどんな感じかと言うと

マス目状に区画してある戦闘マップ上に配置された味方ユニットを動かし、

敵ユニットを攻撃して撃破を目的とするウォー・シミュレーションゲームに近い内容であり、

各ユニットの素早さを元に敵味方入り乱れた行動順で活動する。基本的には通常攻撃は、

隣接する上下左右4マス目が対象であり、各ユニットに設定されている必殺技の種類によって攻撃範囲は異なる。

1のほうではパーティ全員参加できる!2では一気に仲間が増えてパーティ編成ができるようになり

戦略面で重要になってくる!モンスターも仲間にできるし!

ただだいたいの人はトッシュが切り込み隊長してガンガンレベルがあがってしまう(笑)

一番好きなキャラはアーク!ちょこもすき(笑)

アークは典型的な主人公な行動をしてくれるからww(主人公はエルク??どっちだろ?(笑))

たぶんやってくれたらわかると思いますww

ちょこは仲間にするの苦労したからwww

仲間が多すぎてPT誰を入れるか結構迷う!!みんな使いたい(笑)

基本的にはストーリーを追いながらギルドしながらレベル上げみたいな感じかな。

このゲームはレベル上げしないと結構きつくなってくるかも!

まあギルドの仕事しながらいろいろ探索とかしてたらいつの間にか上がってたりもする!

ストーリーも全RPGの中でも最上位レベルによかったと思う!

結構展開がいろいろあって・・・いろいろ言いたいですけどブログではネタバレはしない方針なので(笑)






1のあらすじ

この世界には、かつて邪悪なものに立ち向かい、

それを聖櫃と精霊の力によって封印した「七勇者」の物語が語り継がれていた。

その世界に存在する国家・スメリアの辺境に住む正義感の強い少年アークは、

行方不明の父を追い求めるうちに、勇者としての使命をおびることとなる。

そして、偶然出会った聖母の使命を与えられた名門ワイト家の娘・ククルや仲間達と共に旅を続けるうち、

アークは自らに課せられた使命と、かつての七勇者の伝説からくる運命の波に翻弄されることとなる。




2のあらすじ

幼い頃に故郷をシルバーノアに襲撃され、

その「炎を自在に操る」という一族特有の特異な能力ゆえにロマリアの研究機関“白い家”に

捕らえられた過去を持つハンターの少年、エルク。「炎のエルク」として名を馳せる腕利きのハンターであるエルクは、

ある夜「空港を占拠したテロリストを殲滅して欲しい」との依頼を受ける。

テロリストを追い詰め、飛空船に乗り込むエルクだが、彼はそこで不思議な雰囲気を纏う少女・リーザと出会う。

彼女を狙う組織の存在を知ったエルクは自らの過去と向き合い、

そして大きな運命の流れの中に飛び込むこととなっていく。



登場人物

アーク1の主要人物

アーク・エダ・リコルヌ

トウヴィルで母親と二人で暮らしている少年。
正義感が強い性格で血気盛んな所がある。
10年前に行方不明になった父親・ヨシュアを探すために旅に出る。
仲間と出会い、父を追い求めるうちにやがて勇者としての使命を帯びることとなる。
精霊の導きにより聖柩を見つけ、勇者の力を手にする。


ククル・リル・ワイト

トウヴィルの名門・ワイト家出身の少女で自由奔放。初代のキャラクターの中の紅一点でもある。
外見は赤や緑など華やかな色を用いつつも動きやすい衣装、紫のポニーテールが特徴。


トッシュ・ヴァイア・モンジ

ダウンタウンにあるモンジ一家の若頭。
性格は、昔堅気で自分の利益より弱者の救済や義理を優先するが、短気なところが玉に瑕である。
義父紋次のことを誰よりも尊敬している。


ポコ

スメリア国のパレンシア侯軍(王様を護衛する近衛師団のような組織と言われる)に所属する少年兵。
内気な少年で争いごとを好まず、幼い頃に太鼓を手にしたことで音楽の楽しみを知った。
また、純粋に音楽の精霊に愛されている。軍楽隊に入隊した理由は、たくましくなってほしいと家族が望んだため。


イーガ・ラマダギア

ハルシオン大陸東部一帯を支配する世界第二位の強国『グレイシーヌ』にある聖地・ラマダ寺で30年間修業して来た僧兵。
恩師である大僧正の指示でアークを迎え討つ。ドラクエなど他のRPGでは細身の美形や
美少女にされがちな「僧侶」「武道家」のキャラには珍しく、恰幅が良く逞しい壮年として描かれ、
若手メンバーからも頼られる存在でもある。


ゴーゲン

はるか大昔に聖櫃をスメリア国に運んだ7人の勇者の一員だったが、途中で現れた魔物・ラリュウキを
道連れにしてオルニスの丘にあるストーンサークルに封印し、眠りについていた。
だが、「古の伝記を求めよ」と父ヨシュアに支持されたアーク・エダ・リコルヌがオルニスの丘に
やって来てラリュウキと配下のモンスター・ヒョウエンキを倒したおかげで3000年の眠りから覚めて復活した。


チョンガラ

アララトス在住の、冒険家を自称する骨董商。「聖櫃を手にすれば幸せになれる」予言を残した
ダダ王家の末裔だったが、盗掘を行っていたため欲塗れになっていた。遺跡ダンジョンに眠るお宝を手に入れるため、
アーク・エダ・リコルヌに馴れ馴れしく接近して来た。彼らとの出会いで正義の心を取り戻し、召喚獣と共に協力する。


ちょこ

天真爛漫でいつも元気、素直な性格の女の子。
シリーズお馴染みの隠しキャラ。




アーク2の主要人物

エルクコワラピュール

炎を操る能力を持つピュルカ族の末裔。
まだ幼い頃、その特殊能力に目をつけた軍事国家ロマリアによる侵攻で村を襲われ、
村人を皆殺しにされてしまう。
そして、エルクはロマリアの研究機関である「白い家」に拉致、収容される。
記憶を消されたエルクは、そこでジーンとミリルという友人を得て毎日を平穏に過ごしていた。
しかし、ある日好奇心から施設奥を覗いてしまい、そこで行われていた狂気の研究を知り命からがら逃げ出し、
砂漠で倒れていた所をシュウに保護される。


リーザ・フローラ・メルノ

獣使い。
フォーレスの「ホルン」という村の出身で、村には生まれながら特殊な力を持つ者がいるため
人里離れた高原の奥地に住んでいる。
麓の町の人は村人達を忌み嫌っているため、村人以外の人間との接触は皆無だった。
そんなある日、キメラ研究所がホルンの村に目をつけ村人たちを捕らえてしまう。
その後、キメラ研究所にてモンスターとの感応実験行われ、キラードッグ系のモンスター「パンディット」と出会い、
実験後はリーザになつき、行動を供にするようになる。


パンディット

リーザと共に仲間に加わるモンスター。青白い毛並みに、紺色のたてがみをもつ巨狼。
エルクと出会う前にキメラ研究所で行われた感応実験以後、リーザに忠実に付き従っている。


シュウ

キャンプ道具を背負った怪しい忍者。ごく一般的なマンション住まい。
忍術の他、銃器や爆弾の扱いに長けている。風属性の魔法が使える。
特殊能力の「乱れ撃ち」は傍から見れば危ない人である。
主人公エルクの保護者であり、頼りになる師匠。
白い家から逃げのび行き倒れたエルクを救った人である。








第2位

シャドウハーツI&II  SHADOW HEARTS I &II (PS2) RPG


2004年2月19日にアルゼから発売されたPlayStation 2用RPG。『シャドウハーツ』の続編に当たる。

1915年のヨーロッパ各地及び大日本帝国が舞台となっている。

前作同様、アナスタシアやラスプーチン、川島浪速など、実在の人物がモデルとなっているキャラクターも登場するが、

あくまでモデルとして使われているだけで、史実通りではない。

グラフィックはモーションキャプチャを使う事で大幅に向上し、ロード時間やエンカウント率

といったゲームバランスも調整されている。また、ムービーシーンも大幅に増えており、

グロテスクな部分を減らしつつコメディやパロディ要素が増えている。

完全続編なので1やってからがおすすめです!2はストーリー世界観BGMとどれもおすすめできる!

1と比べてシステム面とかもすごい進化して面白くなってる。

戦闘面もおもしろいしストーリー重視って人には特におすすめのゲームかな。






システム面について

移動はワールドマップ上に点在する町やダンジョンを選び、内部に入るというマップ移動形式。

戦闘は敵・味方の区別なく、個別のAGI(敏捷性)を基に行動順の回ってくるターン制・コマンド式戦闘である。

バトルメンバーにはパーティーの8人中最大4人を選ぶ。今作では「ターンプライオリティ」として

キャラの行動順が表示されるようになった。また「連携」の導入により、前作にあった隊列の概念はなくなった。

全ての敵・味方キャラクターと一部のサブキャラクター、および全ての攻撃手段には、

地・水・火・風・光・闇・無の7つの属性が設定されている。キャラクターに設定されているものは

特に「先天属性」とも呼ばれる。火と水、風と地、光と闇はそれぞれ相反し、

反対属性の攻撃を受けるとより多くのダメージを受ける。但し通常攻撃は無属性であるため、

反対の属性を持つ敵に通常攻撃を行っても、ダメージの値は他の属性のキャラクターが行った場合と変わらない。



SP(サニティポイント)とは正気度。戦闘開始時はキャラクターごとの最大値だが、

行動するたびや「耐える」防御をしている状態で攻撃を受けると減少し、0になると「暴走」し操作不可能となる。

戦闘終了時に暴走状態のキャラクターは経験値を取得できないが、

暴走中にしか見られないキャラクターの行動などもある。アイテムで回復できる。

一部の敵はSPの現在値を減らす「SPダウン」効果のある特技を使用するが、SPダウンを防ぐアクセサリーも存在する。

戦闘におけるほとんどの行動の成否は、「ジャッジメントリング」で判定される。

ジャッジメントリングとは、リングと呼ばれる円盤上に「ヒットエリア」「ストライクエリア」

「ステップエリア」「モジュレートエリア」と呼ばれる色付きの扇形のエリアが一定数存在するもので、

リングの中心から円周へ伸びる「バー」と呼ばれる線が時計回りに一周する間に○ボタンを

エリア内で押せれば行動は成功となり、エリア外でバーを止めたり、エリアを過ぎるまでにバーを

止められなかったりした場合には失敗となる。ジャッジメントリングは、福引やショップでの値引き、

一部のイベントなどの成否判定にも使用される。



フュージョンとはパーティーメンバー中ではウル及び蔵人が使える能力。

“フュージョンモンスター”と呼ばれる魔物の魂と融合してその姿に変身することで、

能力値と属性が変化し、その魔物の持つ特技が使えるようになる。

フュージョン中は1ターンあたりのSP減少量が増える。シャドウハーツの世界には、

その手段や融合対象が違う融合能力者も存在し、それらは総称して“ハーモニクサー(融合者)”と呼ばれており、

蔵人の「降魔化身術」も同様の能力である。





プロローグ

戦争がはじまってから半年が過ぎていた。
--1915年、フランス北部ロレーヌ地方--

『ドンレミ村』

フランスに進攻を開始したドイツ帝国軍の兵士は、
この寒村にも姿を現した。

目指すは村の中央に建つ古い教会。

散開し、教会を目指す兵士たち。

ここに潜むといわれている「悪魔」の正体をつきとめ、
退治するのが部隊に課せられた任務だった。

一気に表玄関を突き破り、
先行した数名が中へとなだれ込む。
しかし、教会の中はカラであった…

暗い聖堂内を、ゆらぐ陽光だけが照らしている。

部隊の指揮官である彼女も、
ゆっくりと教会の中へ入った。

しんと静まりかえった教会の中に足音が響いたとき、
彼女の脳裏には上官の言葉がよぎった。

「1915年、この科学の時代に、
 その悪魔は教会を根城にしている…」

恐怖心をふりはらおうとした時、
突然天井のステンドグラスが砕け散り、
悪魔は舞い降りた。

この出会いが全てのはじまり。
宿命に導かれた、
壮大な冒険と悲劇の幕開けであった…




メインキャラ


名前 :ウル
本名 :ウルムナフ・ボルテ・ヒュウガ
英表記 :Urmnaf Bort Hyuga
年齢 :25歳
性別 :男
属性 :闇
特技 :世界を救うこと


半年前、世界を滅ぼそうとしたアルバート・サイモン枢機卿と彼が呼びよせた超神を倒したことで、秘密結社からは「神殺しの男」と呼ばれ恐れられている。
いきさつは不明だが、ゼペットと二人で旅をしている途中ドンレミに立ち寄り、以来ずっと村をドイツ軍から守りつづけてきた。
だが、人質を救い出す戦いで致命的な一撃を受け、フュージョンの能力を失ってしまう。

今作では、最強の状態から突然ふりだしに戻され、冒険の過程で力を呼び覚ましていくという、やや王道ズレした物語の展開に少々戸惑い気味。
IIになって、顔も格好も技も、全てのクオリティが上がったのに、頭のキレだけは以前と変わらないままだし。




名前 :カレン
本名 :カレン・ケーニッヒ
英表記 :Kallen Koenig
年齢 :25歳
性別 :女
属性 :火
特技 :剣技


愛に生きる女の浪花節を地でいくヒロイン。
ドンレミでの事件をきっかけに軍属を離れ、仲間と一緒に旅をするようになった。
自分に訪れた過酷な運命を正面から受け止め、弱い心を必死に隠しながら強く生きることを選びつづける。
長い冒険の末に彼女の手にする幸せとは、一体どのようなものなのか。
それを知る者は誰もいない。

軍服を脱いでからは持ち前の気の強さも相まって、戦闘中に過激な剣技を連発する。見た目ははじけたものの、戦闘終了時にミニスカートからめくれたお尻を直すしぐさに純情さがかいま見られる。





名前 :ニコル
本名 :ニコラス・コンラド
英表記 :Nicholas Conrad
年齢 :27歳
性別 :男
属性 :光
特技 :悪魔祓い


バチカンよりドンレミ村の悪魔を退治するために派遣されたエクソシスト。表には出さないが、強大な力をもつ修道騎士団の筆頭。

グレゴリオ大司祭の下、様々な活動を行ってきた。強力な騎士たちの中で、唯一己の独断で聖具『ヤドリギ』を使用する許可を得ている人物。

以前は異端審問会よりアルバート・サイモン処刑の任務を与えられていたが、自分以外の何者かにサイモンが倒されたため、その調査にあたっている。




名前 :ブランカ
本名 :ブランカ
英表記 :Blanc
年齢 :2歳
性別 :雄
属性 :風
特技 :おおかみ技


ドンレミ村の少女ジャンヌが飼っていた白い大狼。
静かな闘志とはかり知れぬ知性の宿った金色の眼は、人の世の愚行をいつも黙って見つめてきた。
戦場では不思議な自然現象を発生させて傷を癒したり、敵を攻撃したりする。

かなり「使える」寡黙な相棒。





名前 :ゼペット
本名 :不明
英表記 :Geppetto
年齢 :60歳以上?
性別 :男
属性 :コーネリアと一緒
特技 :マリオネット


パリのぼろアパートに暮らしていた人形遣い。
娘のように可愛がっている人形のコーネリアを操り、観客を沸かせたのも過ぎし日のことで、妻と死別して以来、劇場に立つことも止めた。
どういういきさつかは不明だが、今はドンレミ村に滞在している。本人は半分隠居暮らしのような毎日を気に入っているようだ。

名前 :コーネリア
本名 :コーネリア
英表記 :Cornelia
性別 :一応、女子
属性 :まちまち
特技 :魔法とか


老人はRPGのレギュラーから”外される”という宿命を克服する
ためか、ゼペットの使用する必殺反則の愛娘。
様々な衣装(ドレス)を着せ替えしたり、カスタマイズすることによ
って万能の力を発揮する。
ちなみに、着せ替えではパンツの色まで変わる。…らしい。





名前 :ヨアヒム
本名 :ヨアヒム・ヴァレンティーナ
英表記 :Joachim Valentine
年齢 :400歳以上
性別 :男
属性 :地
特技 :変身


ピカピカに鍛え抜かれた筋肉と、つるつるでシワの無い脳みそを持つ、正義の熱血レスラー。
プロレスの開祖ともいえるインド人の師匠に入門し、フランスの港町で暮らしていた。
カレンたちと知り合ってからは武者修行の旅へと出発する。
実家は格式ある東欧の貴族なのだが、現在は家出中。
弟のいびきがきっかけで兄弟喧嘩をはじめ、そのはずみで先祖代々伝わる家宝の魔剣をへし折ってしまい、絶叫する弟の姿を背に逃げるように城を飛び出してきた。

戦場では巨大な鈍器を振り回し、様々な格闘ワザを披露する。





名前 :ルチア
本名 :ルチア
英表記 :Lucia
年齢 :28歳
性別 :女
属性 :闇
特技 :ふしぎなおどり


イタリアに住む美人占い師。
伝説の踊り子カルラのもとで、幼い頃からみっちりダンスと占術を仕込まれて育った。
これまで、その妖艶な肢体から繰り広げられるセクシーなダンスの虜となった多くの富豪たちが、敏腕マネージャーに金を巻き上げられ、不幸のどん底に突き落とされて来た。
しかし、ルチア自身は、持ち前の性格のおかげか、男たちから恨まれることも無く、今日も楽しく仕事に精を出している。

頭の回転は早いものの、おっとりとした物腰としゃべり方のため、まわりにどんくさい印象をあたえてしまうのが欠点だが、男たちから言わせると、その「ポヤー」としたところが、また、たまらないのだとか。

カルラの言葉に従い、ウルの旅に同行することになる。





名前 :アナスタシア
本名 :アナスタシア
英表記 :Anastasia
年齢 :14歳
性別 :女
属性 :水
特技 :盗撮よ。


帝政ロシアの第四皇女。

可愛い容姿に悪魔の性格を宿す美少女。
人一倍感受性が強く、戦争に疲弊し、政治の腐敗をとめられない祖国の行く末に心を痛めている。

たった一人で悪人に立ち向かっていく姿に、まわりの人間をハラハラさせる事が多いが、本人いわく、「あなたたち下々の人間には関係ないことよ。

 まあ世の中には、闇で繰り広げられている善と悪との激しい戦いがあるってことね!」…などと言って、全く気にしていない。

ウルたちと出会い、共に冒険に加わってからは、悪人をこらしめたり、恋をしたりと、多忙な日々をすごしていく悩める十四歳。

ちなみに趣味は写真。





名前 :蔵人
本名 :犬神蔵人(いぬがみ・くらんど)
英表記 :Kurando Inugami
年齢 :17歳
性別 :男
属性 :光
特技 :書道


若き剣客。
若くして無外流の剣を修め、穏やかな心に炭火のごとき不滅の闘志を宿す美少年。

ウルたちと出会ってからは、その破天荒な冒険に同行することになるのだが、初めは戸惑いつつも力を合わせ一緒に苦難を乗り越えていく。





名前 :アリス
本名 :アリス・エリオット
英表記 :Alice Eliot
年齢 :20歳
出身 :ロンドン
性別 :女
属性 :光
特技 :白魔法


幼い頃よりエクソシストとしての才能に目覚め、神父である父を手伝って悪魔払いの仕事を続けてきた。
彼女の能力を欲しがるベーコンにパリで襲われるが、父親が命と引き換えに彼女を守る。


しかし半年後、満州という異境の地で、彼女は日本軍の捕虜となってしまう。

本人は、自分の能力を自覚しておらず、他人が自分を狙う理由に覚えがない。





名前 :ロジャー
本名 :ロジャー・ベーコン
英表記 :Roger Bacon
年齢 :700歳以上
性別 :男
属性 :無
特技 :科学と学習


イギリスはウェールズに暮らすへんな生き物。
そのガイコツのような風貌からは想像し難いが、世界的に名を轟かす伝説の大魔術師。
前作では世界の滅亡をいち早く察知し、科学の粋を集めた瞬間物質輸送機で危機を救った。
今回もカレンたちの助けとなって、強大な敵に立ち向かう新兵器を開発する。
尊敬され、大事にされて当然の存在なのだが、なぜか物語の初っ端から誘拐され、その後も不幸な目にばかり遭うことになる。
果たして彼は最後まで無事に生きのびることが出来るのであろうか。
そして、今度こそ仲間にすることは出来るのであろうか。
超ー気になるところでは、ある…





名前 :レニ 
本名 :レニ・カーティス
英表記 :Rene Curtis
年齢 :26歳
性別 :男
属性 :地
特技 :暗算


カレンたちの前に立ちはだかる、巨漢の戦士。
「鉄の爪」と呼ばれる暗殺部隊を率い、組織上層部からの指示のもと、誘拐、強盗、放火から、万引き、カツアゲ、無言電話まで、大きなこと小さなことを問わず非合法な活動に従事している。
しかしオフの日はいたって平穏に一日を過ごし、地下鉄に乗ればお年寄りに席をゆずってあげる事もいとわない、本当のプロ意識を持った殺し屋。

そんな彼の一番の苦労は、やたらと現場で「ヒーッヒーッ!」言いたがる部下たちに「暗殺者なんだから奇声は発するんじゃねえ」と日頃から注意すること。





名前 :ベロニカ
本名 :ベロニカ・ベラ
英表記 :Veronica Vera
年齢 :30代
性別 :美女
属性 :水
特技 :家事


秘密結社の女魔法戦士。
性格も化粧もきつめだが、惚れた男には命をかけて尽くしぬく健気な一面も持っている。
「Sはねえ、サービスのSなのよお!?」…が、彼女のポリシーだそうだ。
ひとたび怒りに燃え、得意のムチをふるえば、その妖しい美貌と危険なフェロモンを撒き散らして敵を翻弄する。
戦って汗をかいた後は、人知れず化粧を直すのが日課。
不幸にもそんな場面に遭遇してしまった部下で、消息を絶った者は一人
や二人ではないという噂もあるらしい。





名前 :ジャンヌ
本名 :ジャンヌ
英表記 :Jeanne
年齢 :8歳
性別 :女
属性 :地
特技 :しつけ


ドンレミ村に暮らす勝気な少女。
二年前に不幸な事故で父親と死別するが、今は母と二人明るく生きている。
父が拾ってきた狼の子にブランカと名づけ、家族のように可愛がっていた。

戦争が始まって以来、村の平和を祈りながら過ごしていたが、カレンの率いるドイツ軍小隊がドンレミを訪れたことにより、大きな運命の瞬間をむかえる。



→シャドウハーツ2公式サイト






第1位

ペルソナ5 PS4 (RPG)



アトラスより2016年9月15日に発売されたPlayStation 3 / PlayStation 4用ゲームソフト。

『ペルソナシリーズ』のナンバリング第5作。





システム面について

移動

フィールド間の移動は電車で通学、移動する設定上、それを反映したシステムとなっている。
今作では路線図から地名を選択し、可能であれば目的地までショートカット出来る。
また自由行動で通学とは関係ない土地へ移動する際にお金の消費が必要であったり、
リアリティが増している。


SNS

基本的にメインシナリオやコープイベント以外の会話、及びコープの誘いは
SNS(現実のLINEやチャット風)の文字会話で表現される。
日常パートの自由行動中であれば好きなタイミングで内容を確認でき、
コープの誘いに乗れるタイミングであれば目的地までショートカットも可能である。


主人公

のパラメーター「知識」「度胸」「器用さ」「優しさ」「魅力」の5つ。
コープ開放などイベントの進行に一定以上のパラメーターが要求される場面もある。
読書、施設の利用やアルバイト、イベント等を通じて高めることが出来る。


天気

『ペルソナ4』同様、日付によって固定。晴れ、雨、曇の他、花粉注意報などの特殊な天候が増えている。
パラメーターのアップやメメントスでのシャドウの状態に変化が現れる。


コープ

cooperation(協力者)の略。前作までのコミュニティに相当する。特殊な技能・権限を持つ人々と協力関係を結び、
友好度(コープランク)を上げることで、ペルソナ合体時にボーナスを得る他、日常活動や探索、
戦闘に便利な「コープアビリティ」を取得できるようになる。
コミュニティが単純に身近と仲のいい相手と友情や交流を深める形だったのに対し、
こちらはとあるきっかけで相手に協力する代わりに見返りをもらう、という取引を結ぶ形となっている。


潜入道具の作成

潜入道具とはダンジョンで鍵のかかった宝箱を開けるためのキーピックや敵を欺くための煙幕など、
パレスで活用できる消費アイテムのこと。自室の作業テーブルで潜入道具の作成が行える。
作成に必要な素材はシャドウ討伐時のドロップや店などで入手する。


読書

本を読むことで主人公のパラメーターを上昇させることが出来る。本によってはコープ活動や
ミニゲームが出来る移動先を増やしたり、特定の施設でボーナスを得る事ができる。
自由行動時に実行する他、自習時間や通学中にも読書出来る時間が発生することがある。


洗濯

ダンジョンで拾った「汚れた防具」は四軒茶屋にあるコインランドリーの洗濯機で洗うことで別の防具へ変化させることができる。
何が手に入るかは特定の数種類の中からランダム、洗濯を実行すると時間が経過する。


ルブランのコーヒー

喫茶店の設備を使い主人公が入れたコーヒーは消費アイテムとなり、SPを回復する効果がある。
ゲームを進めると全体のSPが回復するカレーも作成できるようになる。作成には夜の時間を使用する。


家事代行サービス

とある人物に「潜入道具の作成」「洗濯」「コーヒー・カレー作成」の代行を依頼できるようになる。
夜の時間は消費しないが利用料に5000円かかる。


野菜栽培

「ペルソナ4ゴールデン」から引き続き野菜の栽培、入手を行う事ができ、使用する事でSPを回復する効果がある。
野菜の栽培には数日かかる。


クロスワード

特定の日にルブランのテーブルを調べると、夜の時間を消費してクロスワードに挑戦できる。
クリアすると知識が上昇する。似たようなものとして、テレビ番組でクイズがやっていた場合、
それに正解することで同じく知識が上昇するが、こちらの場合は時間が経過しない。


スキルカードの複製

今作でもスキルカードの複製が可能。担当は怪盗団のメンバーでもある祐介。
街の中にいる祐介に複製したいスキルカードとブランクカードを渡すことで依頼する。
複製に必要な日数はゲーム内1日と短縮されているが祐介が街の中にいる間にしか依頼、受取ができない。
また今作でもコープランクを一定以上満たしていない場合、上位スキルの複製に制限がかかる。


アルバイト

渋谷駅地下にある求人雑誌スタンドよりアルバイトを申し込むことが出来る。
条件を満たし採用されれば、お金や主人公のパラメータの上昇が見込める。


釣り

本を読むことで知ることの出来る釣り堀では、釣りのミニゲームを楽しむことが出来る。


バッティングセンター

四軒茶屋にはバッティングセンターがあり、ミニゲームを遊ぶことが出来る。
能力がアップしたり、パーフェクト達成でアイテムがもらえる。


懺悔室

神田の教会にある懺悔室で、仲間がレベルアップの際に忘れたスキルを思い出させることが可能。
時間を消費することで、現在のスキルと忘れたスキルを好きなだけ交換できる。


通信販売

日曜日に放送されるテレビショッピングを見ると、その日だけ購入可能な商品が紹介される。
また、中古パソコンを修理するイベントをこなすとネット通販サイト「闇ネットたなか」が利用できるようになる。





あらすじ

物語が始まる数ヶ月ほど前、街では交通事故や工場の爆発、地下鉄の暴走が立て続けに発生していた。

加害者達は突如豹変したかのように事件を起こし、事が終わった後に「なぜそんな事をしたのかわからない」と語っている。

世間ではこれを「精神暴走事件」と呼び、人々は恐怖していた。

主人公はある理由により、春から東京の秀尽学園への転入を余儀なくされる。

転入初日、通学途中に出会った同級生の坂本竜司とともに学校へ行くも、

着いた先は学校ではなく謎の古城である「パレス」だった。わけも分からず異形の存在「シャドウ」に追い詰められる中、

謎の生き物「モルガナ」と出会い、主人公は「ペルソナ能力」に目覚め、シャドウを撃退する。

その後、竜司やクラスメイトである高巻杏達を虐げる教師・鴨志田を改心させたことをきっかけに

主人公達は怪盗団を結成し、世間の悪人達の「改心」を始める。




このゲーム声優が豪華すぎて(笑)

ペルソナシリーズ全般にいえることだけどクリア時間めっちゃかかるけど

5はマンネリ感なく面白かった!むしろ終わりたくない病になったわww

結構みんな好きなキャラ割れるのもおもしろいw

自分は真が好き。はじめあまり好きじゃなかったけど徐々に(笑)

基本的に戦闘も好きなキャラ使えるしねー

一番難しいモードとかはやってないけど戦闘は雑魚でも死ねるw

これもペルソナシリーズ全般にいえることだけどw

すべてのストーリーを楽しむには2週目必須かな。

ペルソナ好きはもちろんっていうかペルソナ好きはもうやってると思うけど

ペルソナやったことない人も5から始めても大丈夫なんでぜひともやってみて!

RPG好きは絶対はまるはず!!!




登場人物

主人公(デフォルト名なし) / ジョーカー声 - 福山潤

アルカナ - 愚者(ワイルド)/ ペルソナ - アルセーヌ(付け替え可)近接武器 - ナイフ / 遠隔武器 - ハンドガン
本作の主人公。男性に絡まれていた女性を助けるも、被害にあっていた女性が弱みを握られていたために
男性に味方したことで、裏切られた形となった主人公が傷害の罪を着せられた。結果、保護観察の身となり、
地元の高校から退学処分を受ける。その後、高校2年生の春に地方から東京の秀尽学園に
転校することになった訳ありの少年。四軒茶屋にある喫茶「ルブラン」の屋根裏に居候することになる。
登校初日、偶然登校を同じくした竜司と一緒にパレスへ迷い込んでしまった。


坂本 竜司(さかもと りゅうじ) / スカル声 - 宮野真守

アルカナ - 戦車 / ペルソナ - キャプテン・キッド近接武器 - 鈍器(棍棒やハンマーなど棒状物)/ 遠隔武器 - ショットガン
秀尽学園2年生。主人公と出会った時点では、問題児のレッテルを貼られており本人も否定していない。
カッとなりやすい性格。父親は家庭内暴力を振るい続けた上で蒸発しており、母親と暮らしている。
問題児として度々母親が呼び出されており、その度「片親でごめん」と母親から謝られる原因を作っている
自分を疎ましく思っている。元々は真面目で優秀な陸上選手だったが、その短気な性格を鴨志田につかれ、
謀略に嵌り脚を負傷されたうえに陸上部を解体させられる。それ以来、問題児として粗暴な行動を取るようになり、
学校の教師つまり「大人」達に不信感を抱いている。素行の悪さとレッテルから色眼鏡で見られがちだが、
本質は明るくお調子者のムードメーカー。杏とは中学の頃からの顔馴染みの仲ではあったが、
高校で別のクラスになったことで疎遠になっていた。


高巻 杏(たかまき あん) / パンサー声 - 水樹奈々

アルカナ - 恋愛 / ペルソナ - カルメン近接武器 - 鞭(蛇腹剣や鎖など鞭状物)/ 遠隔武器 - サブマシンガン
主人公のクラスメイト。スウェーデンからの帰国子女であるアメリカ系クォーターの少女。
英語は得意だが、それ以外の勉強は苦手。天真爛漫で素直な性格だが、派手な見た目から周りから敬遠されており、
孤立している。竜司とは中学の頃からの知人だが、高校で別のクラスになったことで疎遠になっていた。
親友である志帆のことを気にかけており、関連する事件を切っ掛けに怪盗団に加入する。
両親はファッションデザイナーで海外を飛び回っており、年に半年だけ家にいる方である。
その縁故で読者モデルやピンチヒッターのモデルをすることがある。


モルガナ / モナ声 - 大谷育江

アルカナ - 魔術師 / ペルソナ - ゾロ近接武器 - 曲剣 / 遠隔武器 - パチンコ
異世界のパレスで偶然助けだした謎の黒猫だが、本人は否定している。
男口調で喋り、一人称は「ワガハイ」。猫の姿になった理由は「歪みに巻き込まれて本来の姿を失った」、
「元は人間だったはず」と語っている。本来の姿を取り戻すべくメメントスを探索しており、
その手駒にするべく主人公達を怪盗に仕立て上げる。かわいらしい見た目に反して、大胆不敵で自信家な性格。
自分の本来の姿や記憶については強い興味と不安を抱いている。明晰な頭脳を持ち、双葉加入まではナビ役も兼任。
オタカラ(真贋問わず)や宝魔を目にすると猫がマタタビを与えられたように言動が豹変して抱きしめる。
現実世界では黒猫だが怪盗団メンバーと会話することができ、異世界では二頭身のマスコットの姿をしている。
主人公の家に住み、普段は主人公の鞄の中、授業中は机の中に隠れて同行する。


喜多川 祐介(きたがわ ゆうすけ) / フォックス声 - 杉田智和

アルカナ - 皇帝 / ペルソナ - ゴエモン近接武器 - 刀 / 遠隔武器 - ライフル
洸星高校2年生であり、美術コースの特待生。独特の感性を持った美少年。
双葉からは「おイナリ」と呼ばれる。芸術肌でマイペース、突飛な言動が口から飛び出すこともしばしばある変人。
しかし容姿に似合わず実直な性根を持ち、曲がったことを許さない熱血漢でもある。
3歳の頃に体が弱い母親を亡くして孤児となっており、母譲りの画才を見込まれ日本画の大家、
斑目の下で住み込みの門下生として暮らしていた。主人公達に協力し、自分の身辺を調べている内に、
信じていた物と現実がズレていたこと、そして、信頼していた者からの裏切りに、強い怒りと葛藤を抱く。


新島 真(にいじま まこと) / クイーン声 - 佐藤利奈

アルカナ - 女教皇 / ペルソナ - ヨハンナ近接武器 - 拳具 / 遠隔武器 - リボルバー
秀尽学園3年生。品行方正で生真面目な生徒会長の少女。合気道を習っており、腕っぷしも強い。
両親は他界しており、唯一の肉親で育ての親である姉の冴には進学による独り立ちを切望されている。
姉とは検事になって以降ソリが合わず、口喧嘩の際には「私の人生を消費している役立たず」と吐き捨てられてしまう。
立場上、学校側と生徒の間で板挟みになる事も多く、学園内の不祥事を解決する様、
校長から丸投げされる事もしばしば。気苦労が絶えない中、「姉の信頼を裏切りたくない」という気持ちを抱く反面、
「良い子ちゃん」を演じる事に苦悩している。とある問題解決で怪盗団に同行する内、
学園内での生徒会長としてのリーダー経験からか怪盗団の中では参謀役に抜擢される。


佐倉 双葉(さくら ふたば) / ナビ声 - 悠木碧
アルカナ - 隠者 / ペルソナ - ネクロノミコン
人間離れした凄腕のハッカーにして、天才的プログラミング能力を持つ少女。
痛い発言が目立つパソコンオタクだが、その技術や物事に対する分析能力の高さは折り紙付き。
とある事故から母が死亡した後は惣治郎に養女として引き取られ、共に生活をしている。
その為、主人公は保護司である惣治郎の自宅で生活せず、ルブランの屋根裏に寝泊りする理由にもなっている。
人付き合いが苦手な事に加え、母の死に様を目撃し、親戚に責められた事がトラウマになり、
中学卒業後は高校に入らず、引きこもっている。
怪盗団加入後はモルガナに代わり後方支援役のナビゲーターとして活躍する。


奥村 春(おくむら はる) / ノワール声 - 戸松遥

アルカナ - 女帝 / ペルソナ - ミラディ近接武器 - 斧 / 遠隔武器 - グレネードランチャー
秀尽学園3年生。大手外食メーカーの社長令嬢。園芸が趣味で部員としても活動している。
真とは同級生として何度か面識があり、怪盗団の仲間となった後は友人になっている。
怪盗団の加入は遅めだが、加入前にも所々のイベントで姿を確認できる。
とある事件をきっかけとしてペルソナ能力に覚醒し、主人公たちと行動を共にすることになる。



→ペルソナ5 公式サイト







以上2017年夏にやりたいゲームベスト5(個人的)でした!

その時の気分によってコロコロ変わりますが全部面白いのでやってないかたは是非!!







スポンサーサイト
                                 
                                      
    

オンラインゲームで稼ごう!!

ネットガチャ