ヘッダー画像
    
            

おすすめゲーム。ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD wiiU (アクションアドベンチャー) wiiUでできるおすすめのアクションアドベンチャーゲーム。

2017/07/06
category - おすすめゲーム《その3》
                         
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD



ゼルダの伝説シリーズ20周年の節目となる2006年にWii・ニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売。

2016年3月10日に、グラフィックをフルHD化したWii U用ソフト『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』が発売。





グラフィックはとても綺麗です。影の表現などがずば抜けていました。
 
音楽もダンジョンと合った音楽で良かったです。ミニゲームも楽しかったです。

操作性も不自由なくすぐになれることができてよかった!!

斬新なストーリーで、物語がテンポ良く進んでいくのが気持ちよかった。

キャラも豊富で個性や、魅力あふれるキャラクターが多かったので、

物語にすぐ馴染むことができた。





ゲームシステムについて

Wiiリモコンによる操作(Wii版のみ)

Wii版ではWiiリモコンとヌンチャクの機能を活用した操作方法が取り入れられている。Wiiリモコンを振ることでリンクが剣を振り、Wiiリモコンで対象物をポインティングして射撃、ヌンチャクを振ることで素早く回転斬りを放つなど、従来の作品と比べてより直感的な操作でプレイできるようになった。また、謎解き音や、剣を振るなどした時の効果音はWiiリモコンの内蔵スピーカーから出力される。


乗馬中のアクション

剣・アイテムの使用など多くのアクションが乗馬中にも行えるようになった。一方、乗馬中にもダメージを受け、振り落とされることもある。また、馬に乗ってボスと戦う「馬上戦」のイベントもある。


魔法

本作ではリンクが魔法を使用しないため、従来シリーズのような魔法ゲージは存在しない。


剣技

走りながら剣を振れるようになるなど、操作に細かい改良が加えられた。


回転斬り

Wii版はヌンチャクの回転方向に対応して回転斬りを行う。GC版は従来と同じく、Bボタンを長押しするかコントロールスティックを回転させてから攻撃することで回転斬りを行う。従来までは一度剣を振ってから溜め動作に入ったが、本作ではすぐに溜め動作に入るようになり、剣を振り始めるタイミングがBボタンを放した時に変更された。


Z (L) 注目

Wii版ではZボタン、GC版ではLボタンを押すと対象物に注目(ロックオン)する。これまでのシリーズと違い、敵に注目した際に自動で盾を構えるようになった。また、遠くの敵に対しては基本的に近接するまで注目できなくなったため、素早く接近して倒すか、弓などを用いて自力で遠くから狙いを定める必要がある。



獣リンク(ウルフリンク)

主人公のリンクは「トワイライト」に入ると、強制的に狼に変身してしまい、特定のイベントをクリアするまで自力では元に戻れなくなる。「マスターソード」の入手後は狼と人の変身が任意で行えるようになる(周辺に人がいない場合のみ)。狼の姿の時は人の時よりも素早く移動できる他、深い砂地や雪原の上を沈み込まずに進む、狭い足場を次々に飛び移る、柔らかい地面を掘り進んで障害物の下をくぐるといったアクションも可能となる。また狼の鋭敏な「センス」の能力により、魂となった存在を目視したり、覚えた匂いを追跡することができる。動物達の言葉も解るようになる。攻撃手段は噛み付きが主となる他、ミドナの魔法によるサポートを得られる。「ポータル」を利用したワープも可能になる(ワープ機能はダンジョン内など一部では使用不可)。一方、人の時に使用できていた各種アイテムは使えず、一部のドアを開けることもできない(ミドナが手伝ってくれる場合もある)。人間に近づくと多くの場合こちらを怖がって逃げ出したり、警戒して攻撃をしてくるなどの反応を示す。ミドナの話によると狼とは影の世界における神の使いのような存在であり、影の世界に危機が訪れると現れるとされている。




あらすじ

光の世界とトワイライト

ハイラル王国がある「光の世界」は、トワイライトと呼ばれる「影の世界」に侵略され、
人々は魂だけの姿へ、モンスターたちは影のような異形へと変わる。
魔物にさらわれた子どもたちを追ってトワイライトに踏み込んだリンクは何故か獣の姿に……。

そこで出会った不思議な人物「ミドナ」と共に、
光の世界を取り戻し、大切な人を助けるための冒険がはじまる。



登場人物

リンク(声優:笹沼晃)

本作の主人公。プレイ開始時に好きな名前を登録することができる。16歳。トアル村で山羊追いを生業とする牧童で、剣術と馬術を得意とする。神に選ばれた力を持ち、左手(Wii版では右手)の甲に聖なる紋章を宿す。トアル村近辺に突如出現した影の領域「トワイライト」に足を踏み入れたことで狼の姿に変えられてしまい、その後、謎の魔物ミドナに出会う。


ゼルダ(声優:水沢潤)

リンクと同様に、神に選ばれた力を持つハイラル王国の王女。ハイラル城に侵攻するザントに対し自ら剣を構えるが、圧倒的な兵力を前に戦意を喪失、降伏の道を選び、トワイライトの領域となったハイラル城の塔に幽閉される。ザント率いる影の世界の軍勢から民を守れなかったことへの弔意を込めて喪服のような黒いローブを身に纏っており、ミドナからは「黄昏の姫」と呼ばれる。


ミドナ(声優:河本明子)

リンクと共に冒険をする、奇妙な仮面をかぶった魔物の少女。その正体は、かつてハイラルに侵攻し聖地乗っ取りを目論んだが為に神と精霊達によって影の世界へ堕ちた一族の末裔で、影の世界・トワイライトの王家の姫、つまり「黄昏の姫(トワイライトプリンセス)」である。一人称は「ワタシ」で、リンクと出会った当初は小馬鹿にしたような口調で話す。カエルや虫などの生き物が苦手。


ザント

影の世界の実質的な支配者。落ち着き払い威圧的な雰囲気を持つが、その本性はかなりヒステリックで、発狂したような奇抜な言動を取る。


ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD 公式サイト



スポンサーサイト
                                 
                                      
    

オンラインゲームで稼ごう!!

ネットガチャ