ヘッダー画像
    
            

おすすめゲーム。魔壊神トリリオン PSvita (RPG) おすすめのPSVitaでできるRPGゲーム。

2017/06/29
category - おすすめゲーム《その3》
                         
魔壊神トリリオン PSvita (RPG)



コンパイルハートより2015年7月23日に発売されたPlayStation Vita専用ゲームソフト。

制作にはディレクションを手がける山本雅博や音楽担当の佐藤天平など、

『魔界戦記ディスガイア』シリーズのスタッフが多く関わっている。

キャラクターデザインもディスガイア系に近いものとなっている。






まず難易度が結構高いゲーム。やりごたえあるゲーム好きな人に向いてるかも!

育成の幅が広くて、いろんなスキルが用意されているので

自分の望むスタイルへ魔王を育てていくことができる。

キャラも個性が出ていてよかった。





ゲームシステムについて

育成パート

トリリオンが活動期に入るまでの数周期(1周期は7日間)、日ごとに訓練内容を指定して6種の経験点を稼ぎ、それを消費してスキルやステータスを強化していくというのが主な流れ。また、状況に応じて「骨休め」を行い、休息をとったり交流を重ねて後述の「想いポイント」を稼いだりすることも出来る。どのような行動を行ったとしても、日の終わりにガチャガチャを行えるメダルが1枚手に入る。育成対象の魔王は、1~3人目はマモン・レヴィア・ペルペルの中から選択し、それ以降はアシュメディア・ルゥシェ・フェゴール…と決まった順番で候補者が選ばれる。ちなみに、新しい魔王が選ばれる度に疲労・ケガ回復アイテムなどが入手できる。


修練

6種の経験点に対応した修練が存在しており、実行すると増加量の大小はあれど全ての経験点が増加し、疲労が10%増加する。途中から、全ての経験点が中程度増えるが疲労の増加が30%と多い訓練が追加される。また、生存しているメンバーが各修練のサポートに配置され、その数×10%(最大30%)のボーナスが付く。そのため、終盤になるほど人数が減ってボーナスが付きにくくなる。疲労に応じて成功判定が行われ、超大成功・大成功・成功・失敗のいずれかとなる(失敗でも上昇はする)。大成功以上では修練メダルが入手でき、超大成功ではフィーバータイム、失敗では倍返しチャンスのカウンターが1つ増える。フィーバータイムと倍返しチャンスはそれぞれカウンターが3つたまると発生し、前者は1週間常に判定が超大成功に固定され、後者は次の訓練における上昇量が2,5,7倍のいずれかになる。疲労が多い場合は運が悪いと怪我をしてしまい、貴重なアイテムを使うか3日間経過するまで修練などが実行できなくなる。イベントでは、さらに期間が長い「大ケガ」、ケガをしやすくなる「虚弱」、疲労の上昇量が1割増しになる「呪い」、ケガをしにくくなる「強靭」、次の修練の効果が倍になる「幸運」もある。



骨休め

疲労を50%減少させる「休息」、疲労を5%下げつつ想いポイントを上げる「交流」、お金を増やす「徴収」、魔王にプレゼントできるアイテムが入手できる「ガチャ」が実行できる。交流を実行した場合、親交度が一定以上あればイベントが計6回発生する。これらは想いポイントの上昇量が多く、また全て見ることが真エンディングの条件となっている。個別エンドの条件とは無関係であるが、エンディングの内容に繋がっているものもあるので、狙っているキャラのイベントは一通り見るべきである。なお、最終イベントは常にCGが表示される(1~6人目は途中でもう1つCGイベントがある)。ガチャはメダル1枚につき1回実行可能で、1,5,10回が選択できる。入手できるプレゼント用アイテムには紫のボールに入った通常アイテム以外に、金色のボールに入ったレア物もある。レアといってもせいぜい2割程度で、数%というレベルで確率が低いということはない。



能力強化

経験点を消費して、魔王の能力を強化する。強化の内容はステータス、パッシブスキル、アクティブスキルの3つ。能力強化はHP、MP、物理攻撃力、物理防御力、魔法攻撃力、魔法防御力、行動速度、統率力の6つを1ずつ上げることができる。100または200上がるごとに必要なポイントが増えてしまうため、600辺りから上昇させるのが非常に難しくなる。パッシブスキルは常時発動して、ステータス強化やダメージ減少などキャラや行動結果に変化を与える。ただし、行動次第ではその変化がリセットされてしまうものもある。アクティブスキルとともに、一部を除いてレベル3まで上げることができる。アクティブスキルはMPを消費して任意に使用して発動する。経験点やMPの消費量はレベルに応じて上昇するが、コストパフォーマンスが噛み合っているとは言えないものがあるので、純粋に上げた方がいいとは限らない。





戦闘パート

所謂ローグライクと言われる、マス目が振られたフィールドの中、敵味方のキャラが同時に行動するシステム。また、敵や部位の撃破によってそのターンにもう一度行動できる(複数同時に倒せばその分だけ行動数が追加される)。魔王にはHP/MPのほかにも「想いポイント」というものが設定されている。これは修練やアイテムの売買といった行動が『想い出』として貯まるものであり、トリリオン戦ではHP/MPの代わりに消費することが可能である。トリリオン戦以外の戦闘でもそれまでに獲得したポイントを消費できるが、トリリオン戦でなければ戦闘後に元の値に戻っている。





あらすじ

魔界の民は、天界との戦いに明け暮れながらも、彼らなりに楽しい日々を送っていた。だがある日、大いなる邪神・魔壊神トリリオンが出現したことでその邪悪で楽しい日々はもろく崩れ去った。トリリオンは魔界軍に大打撃を与え、大魔王ゼアボロスをも倒した。死を迎えたゼアボロスの耳に、「ヤツを倒すために、自分の魂を捧げることはできる?」という少女の声が響く。その問いかけに了承した途端、ゼアボロスは身体が継ぎはぎだらけの状態で蘇った。かくして、ゼアボロスは自らをよみがえらせてくれた少女・ファウストとともに次世代の魔王達を育て、トリリオンの打倒を目指すのであった。




登場人物

ゼアボロス声 - 川口翔

本作の主人公である大魔王。まっすぐで熱い心の持ち主。年功序列を気にするなど若干堅物なところも。トリリオンに倒された後、ファウストによってゾンビ同然に蘇生されたという経緯を持ち、全身が継ぎはぎだらけになっている。この結果、以前のような力は振るえなくなってしまっている。明言はされないが、復活前に胸から腹にかけて浮かぶ模様は大魔王の刻印と思われる(復活後は消滅)。トリリオンを倒したら魂をファウストに貰われる契約を結んでいるため、いずれにせよ死を迎える運命にある。また、彼の魂の一部は「覇王の指輪」に封印されている。


ファウスト声 - 日笠陽子

ゼアボロスを蘇らせた少女で、操魂のグリモアの持ち主。謎めいた合理主義者。効率は重んじるため、徹夜などは好まない。トリリオンの瘴気に耐えられる「抗神スーツ」の開発者でもある。このスーツに魂を入れてしまうともう戻れない、即ち魔族として死ぬのだが、魔界の民たちがこぞって自分を使ってくれと言ってきたことには心底驚いていた。


ルゥシェ声 - 佐倉綾音

ゼアボロスの姪。傲慢の刻印の所有者で、鎖骨の辺りにある。トリリオンに倒された叔父を見下し、自ら大魔王の座に就くべくトリリオン討伐に参加した。上から目線で傲慢な物言いが目立つが、実は有言実行を常とする努力家。両親に言われていたため家事もでき、雑学も含めて物知りで、周囲に目を向けることも出来る優しい性格の持ち主でもある。一方で、寂しがり屋な一面や人形を集める趣味といった年相応な所を持っている。


レヴィア声 - 今井麻美

ゼアボロスの幼馴染。嫉妬の刻印の所有者で、刻印の位置は右尻。大人の女性のようにふるまうが、ゼアボロスと二人きりになると本性を現す。ゼアボロスを倒したトリリオンへの憎悪から討伐に参加した。キャラ解説、影が差した目元、喜ぶプレゼントが包丁など一見するとヤンデレのようだが、イベントが主に発生する修練の際はゼアボロスと一緒なのでそういった要素は少なく、むしろ普段はツンデレともいえる態度をとる。酒は飲めるが下戸である模様。


フェゴール声 - 田辺留依

ゼアボロスの姉。怠惰の刻印の所有者で、刻印の位置は右足の裏。無口だが弟思いな性格で、弟のためにトリリオン討伐に参加した。かなりのめんどくさがり屋で寝てばかりだが、ゼアボロスさえ凌駕するほど絶大な魔力の持ち主でもある(ただし、トリリオンの瘴気には耐えられない様子)。そのためか、ゼアボロスは彼女に対して「あの方」と呼んだり常時尊敬語だったりと、およそ姉弟とは思えないほど非常に恭しい態度で接している。


マモン声 - 大西沙織

ゼアボロスのいとこ。強欲の刻印の所有者で、刻印の位置は右手の平。お宝に目がなく、大魔王になったら、魔界中の富を独り占めしようと考えている。また、かつては魔界の入り口である地獄門の管理を任されていたが、トレジャーハンティング業にかまけるがあまり、本来の業務を放棄した経緯を持つ。逆に、だからこそトリリオンと遭遇せずに生存できたとも言える。


ペルペル声 - 渕上舞

ルゥシェの妹。暴食の刻印の所有者で、刻印の位置は舌。姉とは対照的に間の抜けた幼い言動が特徴。大魔王になったら魔界をお菓子王国にしようと考えている。幼いころからお菓子をもらっていたため、叔父によくなついている(食べ物につられやすい所は心配されている)。その一方で、お菓子系のプレゼントは好みというほどではなかったりする。


アシュメディア声 - 笹本菜津枝

ゼアボロスのいとこ。色欲の刻印の所有者で、刻印の場所は右目(普段は髪で隠れている)。ゼアボロスをボクちゃんと呼び、色々とおちょくりつつも愛していた。敵が死を迎えるときに快感を味わうサディストで、強大な敵を打倒したいという思いからトリリオン討伐に参加した。


エルマ声 - 小澤亜李

ゼアボロスの妹。病弱ゆえ、大魔王城にいることが多い。心優しく温厚。また、セリフはひらがなが多い。ゼアボロスをお兄様と呼んで慕い、いざというとき頼りになる姉のフェゴールや魔界に希望をもたらしたファウストに憧れている。年が近いのか、ルゥシェとは仲がいい。


ケルベロス声 - 吉岡麻耶

エルマのペットにしてゼアボロスの親友。もともとは大魔王城の番犬を務める三つ首の巨大な犬だったが、トリリオンの瘴気を浴びて弱体化した結果首が一つだけになり、球体と言えるレベルで丸っこい小型犬のような姿になってしまった。



魔壊神トリリオン 公式サイト



スポンサーサイト
                                 
                                      
    

オンラインゲームで稼ごう!!

ネットガチャ