ヘッダー画像
    
            

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 3DS (RPG) おすすめの3DSでできる良作RPGゲーム。おすすめゲーム。

2017/06/24
category - おすすめゲーム《その3》
                         
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 3DS (RPG)



スクウェア・エニックスより2016年3月24日に発売されたニンテンドー3DS用ゲームソフト。

ゲーム中に登場するモンスターを育成するRPGである『ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズの第6作。

これまでのシリーズと同じくモンスターをスカウトし、

そのスカウトしたモンスターたちを配合をすることにより新たなモンスターを生み出しストーリーを進めて行く。





やっぱりモンスターが魅力的で、愛着が湧く。

ライドシステムは良いと思う。特に空の移動は快適。

性別の削除で配合がやりやすくなった!

逆にこれがなくなって嫌だって人も多少はいるかもね!





システム面について

最大4体のモンスターでひとつのパーティを編成する。Sサイズ(1マス)・Mサイズ(2マス)・Gサイズ(3マス)超Gサイズ(4マス)に大きさが分かれる。また本作からは「ライドシステム」というモンスターの上に乗ってフィールドを移動する要素が追加されており、本作に登場する全てのモンスターにライドできる。最初は陸上しか移動できないが、ストーリーを進めることにより対応したモンスターに乗っていると水中に深く潜ったり、空を滑空できるようになる。ただしGサイズ以上のモンスターに関しては地上では行動する事ができず、終盤にある条件を満たすと大空を飛行することが可能になる。


中盤条件を満たすと戦闘中もライド可能になる。ライドしたモンスターは能力が上昇し、「ライドインパクト」と呼ばれる必殺技が使用可能になる。ただし使用後はテンションが最低値まで下がり、全能力が大幅に低下するリスクが存在する。また、ライドしたモンスターが倒されると主人公が落下し1ターンの間攻撃と棄権以外のコマンドが使用できなくなる。なお、ライド追加の影響か本作ではメニューから直接預かり所に繋ぐ事が可能であり、また戦闘中にHPが0になった魔物も戦闘終了後にHP1で復活する。


他にライドシステムを活用した要素として罠やモンスターをかわしてゴールへと向かう「マスターズロード」や、スライムを奪い合う「グレートライダーズカップ」が存在する。配合は両親と同じ種族も作れるようになり、カラーフォンデュを使ってモンスターの色を変える「ペイント配合」やクリア後は両親の+値が100以上の組み合わせだとSSランク相当の強さの子供が生まれ、親と特性を入れ替えられる「超生配合」ができるようになった。前作の新生配合と違い、どのモンスターも超Gサイズにできたり、元のサイズより小さくすることもできるが、特性にはコスト値が割り振られており、サイズごとに決まった総コストを超える特性の組み合わせにはできない。登場モンスターはジョーカーシリーズ最大の500種類以上。


ただし前作の803種類と比べると大幅に減少しており、モンスターの種類も「X」で登場したモンスターを中心に大幅に整理されている。また、グレートライダーズカップとの兼ね合いか一系統の色違い(例:スライム、スライムベス、メタルスライムなど)が非常に多い。本編をクリアした後は前作からモンスターの引継ぎが可能だが、本作に登場しないモンスターは「タマゴロン」または「ワンダーエッグ」に変換される。


モンスターの新たな系統として「ブレイク系」が登場。通常のモンスターがマ素による汚染で邪悪化した姿で、片目が赤く、マ素で形成された黒や紫の外殻や結晶のような物を纏っているのが特徴。名前には「凶スライム」など凶の文字が付く。通常のモンスターより高い能力を持つが、汚染が精神にも及んでいる影響でスカウトを受け付けない性質を持つ。


前作にも存在していた「ふしぎなカギ」システムを踏襲した「ディスクシステム」が採用されている。基本的には前作同様のシステムだが、ディスクを使用するにはエネルギーを消費し、前作とは違いディスクをすれ違い通信で配信ができない。更にディスクを作成する際に使用した称号は、作成元のディスクが残っている限りは別のディスク作成用に利用できない。






あらすじ

物語の舞台は数々の大地が連なったような見た目をした「ブレイクワールド」。マ素の影響によって凶暴化したモンスター「ブレイクモンスター」の侵略によって、人間はめっきり数を減らしていた。そんな中、召使いロボットのサンチョと共に楽園で暮らしていた主人公が、飛来してきたリアクターを拾うと、そこに謎の少女・レナーテが現れる。サンチョはレナーテを主人公から遠ざけようとするが、彼女にあっけなく撃退され、主人公はサンチョが作り出した偽りの楽園から解放される。レナーテは主人公に謎めいた発言を残して姿を消し、主人公は彼女に言われるがまま静寂の草原へと向かい、原住民のノチョーラ族との出会いを経てモンスターマスターとなり、失われた記憶を取り戻す旅に出る。



登場人物

主人公

本作の主人公。デフォルトでは銀髪だが、初期設定で着彩の変更が可能。サンチョやモンスター達と共に楽園で暮らしていたが、楽園に飛来したリアクターを拾った事がきっかけとなり本来の自身を取り戻すための旅に出る事になる。


レナーテ

楽園から目覚めた主人公を、冒険に導く緑髪の少女。レナーテの名は主人公が垣間見た過去の記憶から判明する。かつてはアンセスと共に行動していた事が伺える。


ルキヤ

レジスタンスのリーダーである小柄な老婆。移動にはカプセルのような球体を使用している。ブレイクモンスター作成装置の破壊の為、黒鉄の監獄塔に潜入している。


ダークマスター

人間を狩る者を自称する黒い鎧のモンスターマスター。多数のブレイクモンスターを従え、主人公の前に立ちはだかる。





ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 公式サイト



スポンサーサイト
                                 
                                      
    

オンラインゲームで稼ごう!!

ネットガチャ