ヘッダー画像
    
            

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー DS (RPG) おすすめのDSでできるRPGゲーム。おすすめゲーム。

2017/06/13
category - おすすめゲーム《その2》
                         
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー DS (RPG)


2006年12月28日にスクウェア・エニックスから発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。

ゲーム中に登場するモンスターを育成するRPGであるドラゴンクエストモンスターズシリーズの第4作。

タイトルロゴには暗めの色が多用され、従来のデザインの "DRAGON QUEST" ロゴではなく、

略称の "DQM" が大きく書かれたロゴとなり、スピンオフ企画の要素を強く打ち出している。

シナリオ&ゲームデザイン/ゼネラルプロデューサーに堀井雄二を起用し、

キャラクター・デザイン鳥山明、音楽すぎやまこういちと、久々のドラゴンクエストシリーズの"黄金トリオ"での製作。

本作より、呪文の系統や種類が大幅に整理されており、属性の変更や新たな魔法が多数投入されたと同時に、

ドラゴンクエスト第1作から存在したギラ系や、ゲームボーイ時代にバランスを指摘されたビッグバン、

パルプンテなどが削除されている。本作からドラゴンクエストシリーズで初めてインターネット対応をした初めての作品である。





システム面については

ゲーム画面は移動画面・戦闘画面とも、『ドラゴンクエストVIII』と同様に、トゥーンレンダリングを用いた

完全3D表現となっている。エンカウント方式は従来の作品(マップ上で敵の姿が見えないランダムエンカウント方式)

と異なり、フィールド上に見えているモンスターの姿に接触すると戦闘が始まるシンボルエンカウント方式が

採用されている。また、昼/夜の時間の流れも取り入れられている。

本作ではモンスターごとに成長限界が設定されており、決められたステータス以上は上昇しなくなる

(種、木の実を使っても)。スキルによる能力アップなら上限を超えることができるが、999以上にはならない。

スカウトについては主人公の持つ「スカウトリング」を使ってモンスターを仲間にするシステムである。

スカウトリングの力を仲間モンスターたちに宿し、「スカウトアタック」を使用することにより、

相手のモンスターをスカウトして仲間にすることができる。自分のモンスターが強いほど

相手のモンスターが仲間になりやすい。

モンスターのパーティは、他のドラゴンクエストモンスターズ作品と同様に最大3匹であるが、

本作では戦闘に参加させる3匹の他に、控えのモンスターとしてもう3匹をスタンバイさせておくことができる。

スタンバイしたモンスターとは移動中に入れ替える事ができる。

配合については2匹のモンスター(レベル10以上のみ)を配合するシステムが搭載されている。

本作では配合結果が1組あたり最大3パターン存在し、その中から好きな配合結果をプレイヤーが選択することができる。

更に第3の性別「万能」が登場し、オス、メスどちらの性別とも配合できるが、万能同士で配合することができない。

四体配合

通常の配合と異なり、2つ前の世代が孫の種族を決定する配合。

例えば、スライム同士の配合では通常はスライムが生まれるが、祖父母の代がスライム4匹ならキングスライムが生まれる。

神獣配合

神獣を親にする配合。相手の系統とランク、ゲームの進行状況に応じた神獣が生まれる。

子供の性別は必ず万能になり、配合に役立つ杖の効果は無視される。配信限定のあるモンスターを配合すると、

特殊な神獣が生まれる。

ドラクエシリーズのモンスターは愛嬌あるヤツらが多いので、仲間にして一緒に戦っていく事が楽しいです。

ドラクエ好きな人はモンスター見るだけでも結構楽しいのでおすすめゲームです!




ストーリー

グランプール諸島
---とある世界の海域に存在する
広大な諸島を舞台に
最強モンスターマスターを決める
バトルGPが開催される。

島々には数多くのモンスターが生息し
その中心には、大会の本拠地ともいえる
アルカポリス島が。
今、その島に世界のマスターたちが
集っていた!

あなたは最強の
モンスターマスターをめざすべく
冒険の旅に出るのです。


登場人物

主人公

本作の主人公。「スカウトリング」と呼ばれる指輪を身につけた少年。
15歳。神に選ばれたモンスターマスター。ギルツの息子である。
バトルGP参加マスターのメンバーでは唯一経歴が不明である。


アロマ・ゲブズリン

スカウトリングをつけたモンスターマスターの少女で、デオドラン島のマダム・デオドラの娘。17歳。
主人公にライバル意識を抱く。彼女は、誰かから「ゲブズリン」と呼ばれると急にキレ出す。


ギルツ

主人公の父親。モンスターの生態を研究する機関「ジェイル」の創設者にして統主。


カルマッソ

バトルGPの協会会長であり、高名な医師でもある男。見た目に似合わない子供のようなしゃべり方が特徴。
「スカウトリング」の開発者。普段は人前に姿をほとんど現さない。
温厚で気さくな性格で、モンスターが大好きでありバトルGPを開催できるのはモンスターがいてこそと考えている。


→DQM公式サイト





スポンサーサイト
                                 
                                      
    

オンラインゲームで稼ごう!!

ネットガチャ