ヘッダー画像

おすすめのMMORPG Tree of Savior 詳細はこちらから↓

おすすめのアクションRPG マビノギ英雄伝 詳細はこちらから↓

アマゾンで買い物

niconico登録

D-TV

おすすめのFPSゲーム サドンアタック 詳細はこちらから↓

カウンターストライクオンライン おすすめのゲーム 詳細はこちらから↓

hulu

ゲーム用PC探すならこちら

ガンダムで遊ぶ

ヴァイキングで遊ぶ

ゲームで電子マネーGETできる!

モッピーで稼ぐ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

アフィリで稼ぐならここ登録です!

最新記事

月別アーカイブ

    
            

すばらしきこのせかい DS (アクションRPG) DSでできるおすすめのアクションRPG。おすすめゲーム。

2017/06/09
category - おすすめゲーム《その2》
コメント - 0
                         
すばらしきこのせかい DS (アクションRPG)


スクウェア・エニックスより2007年7月27日に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフトである。

キャッチコピーは「世界を変えたければ、自ら境界を越えろ」。

『キングダム ハーツ』・『ファイナルファンタジーシリーズ』の制作スタッフが開発を担当する、

アクションロールプレイングゲーム。これらの作品や、多数の人気作品・話題作品を手掛けている

野村哲也がメインキャラクターデザインを行う。

とにかく音楽が素晴らしいゲーム!

それもそのはずでDSで歌入りの曲を入れるために、予定していた圧縮ムービーを入れるのをやめ、

その分の容量をすべて音楽に回し、曲に特化させたらしい!

FFとかに比べるとメジャーではないけどゲーム性とかもすごく面白かった!

スクエニゲー好きな人は絶対ハマるかも!

ゲームの舞台は21世紀前半(本作が発売された2006 - 2007年ごろ)の東京、渋谷区をモデルとしている。

街並みは(縮尺が一部極端ではあるが)ほぼ忠実に再現されており、

当時の名所や有名な建物は各種権利の都合上、名称を変えてはあるものの、

実に多様な物が重要な要素やランドマークとして登場している。

ゲームシステムとしては周囲にいる人の思考の断片を読み取り、ミッションのヒントとなる情報や

鍵を手に入れる「サイキックスキャンシステム」やニンテンドーDSならではの2画面同時に

展開する戦闘「ストライドクロスバトル(上下の画面でそれぞれの戦闘を行い、

キー操作とタッチ操作の二種類の操作で二種類の戦闘を同時に行う特殊システム)」、

タッチペンを多用する操作などが特徴。

戦闘についてはシンボルをタッチして戦闘が開始されると画面が切り替わり、

上画面と下画面を使ったバトルシーンになる。下画面では主人公のネクが、上画面ではパートナーが表示される。

また、上と下、それぞれに同じ敵が出現する。

ネクとパートナーのヒットポイントは共有されており、どちらかがダメージを受ければ共有のヒットポイントが消費され、

すべて無くなるとゲームオーバーになる。また、上画面と下画面の敵も同様に体力を共有しており、

例えば下の敵にダメージを与えれば対応する上の敵のヒットポイントも減り、その逆も同様で、

攻撃を加え倒された敵は、別の画面のほうでも消滅する。プレイヤーの体力が無くなるか、

敵をすべて倒せば戦闘は終了する。

隠れた良ゲーなので気になった人はぜひやってみて!!特に音楽にも注目して(笑)





アイテムの買い物、種別と制度

戦闘やイベントでお金にできるバッジを入手して換金すれば、各所にある店舗で買い物が可能である。
店舗の種類には大きく分けて「洋服店」と「飲食店」「レコード店」があり、服屋では防具の代わりとなる洋服や、
ネクの武器になるバッジが売られており、飲食店では食べ物を売っている。また、いずれの店にも従業員がおり、
買い物を繰り返すと親密度が上がって、売り物の隠し性能(アビリティ)を教えてもらえたり、
隠しアイテム(クエスト)が出現するなど、大きな変化が発生する。



服装とバッジ

ファッションに関連するアイテムには複数のブランドが存在し、プレイヤーキャラクタが装備している洋服や
バッジのブランドをそれなりに統一して戦闘を繰り返すとトレンド〈流行〉が変化し、
トレンド上位のブランドのアイテム性能にボーナスが発生する。服についてはネクだけではなく
パートナーも装備可能で、いずれも装備するには「勇気」というパラメータが
それに見合った数値に達している必要がある。奇抜な服や、変に着用をためらわれる
アイテムは逸脱して必要勇気が高い傾向にあるが、必ずしも装備品の性能の高さには
直接的に関係していない。数値さえ達していれば男性でもワンピースやスカートといった
女性向けの服を装備することが可能である。また、それぞれのアイテムにはアビリティという
隠し性能が付加されており、店員との交流でアビリティを解放することで、
装備時にステータスの上昇以外にも様々な追加ボーナスをもたらしてくれるようになる。



ストーリー

物語の舞台はシブヤ。主人公のネクはある日シブヤの雑踏で目覚めた。

いつも通りに見えるシブヤの町並みだが、ネクはある異変に気がついた。

それは周りの人達の考えていることが次々と頭の中に流れ込んでくるということ。

この能力がどうして身に付いたのかは不明だが、気がついた時に手にしていたバッジと関係がある様子。

戸惑うネクの元に不思議なメールが届く。その内容は、「ミッションをクリアしなければネクの存在が消える」という

不条理なものだった。事態を理解する間もなく、タイムリミットが迫る。戸惑いながら行動を始めたネクは、

シキという少女と出会う。彼女に言われるがままに、ひとまず協力しあうことになった彼らは、

街にはびこる謎のバケモノ「ノイズ」を倒しながらシブヤを奔走する。

果たして彼らは生き残ることができるのか―――。



メインキャラ

ネク (NEKU) / 桜庭 音操(サクラバ ネク)声 - 内山昂輝

本作の主人公。渋谷生まれ渋谷育ちの15歳の少年。他人と分かり合うことに疑問を感じ、
一人でいることを好むと同時に他人と関わることを極度に嫌っている。
常にヘッドフォンを着けているのは、自分と周りの世界を遮断していることの表れである。
趣味は音楽や「グラフィティ」と呼ばれるストリートアート。シブヤで「CAT」と呼ばれる、
グラフィティやデザインで有名な人物を尊敬している。バッジを利用したサイキックに長けている。


シキ (SHIKI) / 美咲 四季(ミサキ シキ)声 - 鉢嶺杏奈

15歳の少女。落ち着いた雰囲気だが、やや天然なところもある。死神のゲーム初参加なのに
ネクと初めて会った時「契約すればノイズを倒せる」など死神のゲームに少し詳しいところがある
(正確には、ネクがルールの記憶を奪われていただけだが)。おしゃれ好きで、ローライズのスカートをはき、
手作りの黒ネコのぬいぐるみ“にゃんタン”をよく持ち歩いている。
ファッションに興味があり、将来の夢はファッションデザイナー。


ヨシュア (JOSHUA) / 桐生 義弥(キリュウ ヨシヤ)声 - 木村良平1

5歳の少年。二週目のゲームにおいて半ば強引にネクと契約する。皮肉屋であり、常に飄々とした態度をとる。
ミッションには消極的であるため、シキを奪われ負けるわけにはいかないネクとはしばしば対立している。
常に携帯電話を所持している。死神のゲームについての知識が豊富である。
主戦法は携帯電話を使用しての物体転送。


ビイト (BEAT) / 尾藤 大輔之丞(ビトウ ダイスケノジョウ)声 - 木村昴

15歳の少年。パートナーのライムと行動を共にしている。頑固で熱く、思いついたことをそのまま実行する
短絡的で直情的な性格で、よくライムにたしなめられている。自分と正反対の性格のネクに対して
少々熱くなることも多い。本名を呼ばれることを嫌がる。スケボーが得意で、主戦法はスケボーに乗っての白兵戦。


ライム (RHYME) / 尾藤 来夢 (ビトウ ライム)声 - 生天目仁美

ビイトといつも一緒にいる、明るくひたむきな少女。一人称はボク(ボク少女)。
ビイトと揃いのドクロマークのニットキャップを被っている。冷静な判断力を持ち、
暴走しがちなビイトをサポートしている。頻繁にことわざを使う癖がある。であり、ビイトの妹。
ビイトのエントリー料として「妹の中の兄の記憶」が徴収されていたため、ビイトと兄妹であるという記憶が無い。


ヤシロ / 八代 卯月(ヤシロ ウヅキ)声 - 新井里美

組織の下っ端に位置する17歳の女性。常に仕事にやりがいを求めており、
その為なら嘘のミッションを吹っかけるなどどんな手段も選ばない。通称ピンク頭。
自身の実力は高く、ゲームマスター代行に指名される程の力を持つが、感情的で向こう見ずな性格から、
制御が足らず失敗してしまうことが多い。同僚の狩谷とよくつるんでいるが、
組織に入ってからの日は彼より浅いため一応後輩である。


カリヤ / 狩谷 拘輝(カリヤ コウキ)声 - 勝杏里

常に気だるげでやる気も無さそうだが、硬派でプライドが高く、仕事に誇りを持っている19歳の青年。
通称アメ玉。八代と行動を共にしており、度々ラーメンの奢りを賭けたゲームを提案している。
組織での位置は彼女と同程度。しかし実は幹部クラスの実力を持っており、
実際に昇進の話も出たことがあるが、それを蹴って現場での仕事を選んだ。
常に変化する渋谷を眺めることを好むためである。


ヒガシザワ / 東沢 洋大(ヒガシザワ ヨウダイ)声 - 高橋研二

ドレッドロックスで怪力自慢の20歳の青年。そのパワーは拳で地面を叩き割れる程。
右目が白、左目が黄色のオッドアイ。シキ編でのゲームマスター。物事を調理用語で比喩する癖がある。
能力のすべてが理想値を上回っているため、北虹からゲームマスター代行を任された
(そのため、正式には幹部ではない)。とくに協調性が秀でて高い。


ミナミモト / 南師 猩(ミナミモト ショウ)声 - 藤本隆行

冷酷で凶暴な一面を持つが、高い知能を持つ18歳の青年。よく巨大なオブジェを造る
(見た目は完全にゴミの山である)ため、ネクにオブジェ死神と呼ばれる。
最年少で大出世を果たした過去を持つが、協調性は0に等しい。数学マニアで会話には数学用語が頻出し、
「ゼタ遅ぇ」「このヘクトパスカルが!」などが口癖。又、「お前ら全員ここで4ね(しね)!」等と、
数字を誤字として用いられる場合も見られる。


→すばらしきこのせかい公式サイト




スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

おすすめのオンラインRPG マビノギ 詳細はこちらから↓

おすすめのアクションゲーム アラド戦記 詳細はこちらから↓ 

楽天で買い物

自分だけのドメイン作るなら

おすすめのオンラインRPG テイルズウィーバー 詳細はこちらから↓

おすすめのアクションRPG メイプルストーリー 詳細はこちらから↓

オンラインスロットゲームで稼ぐ

DMM

au ビデオパス

レンタルサーバー おすすめ

ポチッとよろしくお願いします!

カテゴリ

ツイッター

いらっしゃいませ

検索フォーム

オンラインゲームで稼ごう!!